ライブチャットの始まり

ライブチャットの始まりは、西暦2000年にまで遡ります。その当時のライブチャットはメディアプレイヤーを用いていたので、クォリティはとても低いものでした。
それでも、画期的なシステムであったため、知る人ぞ知るサービスではあったものの、当時から男性に人気がありました。
その後、今と同じサーバー配信型のライブチャットへと切り替わっていきました。それを最初に実現させたのが「ガールズオンエアー」というサイトです。
「ガールズオンエアー」が出てきてからはライブチャットの知名度が上がり、知名度と同時に人気も急激に上昇していきました。
そして、ノンアダルト系ライブチャットといえば「ガールズオンエアー」、アダルト系ライブチャットといえば「エンジェルライブ」、というように市場を独占していました、
そして、2003年に出てきたのが、「マシェリ」と「ライブでGOGO」です。現在主流となっている、これらのサイトが誕生したことでライブチャットに対するイメージも変わっていき、チャットレディとして働く女性の数もだんだん増えてきました。
それまでは、ライブチャットといえばアダルト系のイメージが強かったのですが、ノンアダルト系のイメージへと変わっていったことで市場がどんどん拡大し続けています。不況の時代でも活性化している、そんな市場はライブチャットぐらいではないでしょうか。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫